不動産売買契約書

不動産は利害関係者が多く、また非常に重要な資産となるため、不動産の売買契約書は必ず作られており、そのフォームも詳細なものが多い。もっとも、売主と買主の情報量の差、交渉力の差などから、買主に不利な内容の契約が結ばれることも少なくなく、一旦締結してしまうと、不動産売買契約の解除は難しいため、その締結には、弁護士などの専門家のサポートを受けることが望ましいといえる。

弁護士による安心の不動産トラブル相談

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階