マンションの管理

近時は、マンション生活をめぐるトラブルも頻発、多様化しています。

マンショントラブルには、民法や借地借家法の規定に加えて、管理規約や区分所有法等に関する専門知識が必要となります。

  • 管理費を払ってくれない組合がいる
  • 組合規約の改訂を行いたいが、どのように行えばよいのか分からない
  • 組合総会をうまく進行でしたい
  • 他の住人から苦情が出ている借主へ注意を行いたい

これらマンションのトラブルは、一般のトラブルに比べて特殊な面がありますので、当該マンションの管理規約等や、いわゆる区分所有法等の法律を確認しておく必要があります。

組合員同士(マンションの住人同士)で、問題の解決を図ろうとする場合、感情的な対立が起き、住環境が悪化することが予想されますので、早めに弁護士に相談されることをお勧めします。また、顧問弁護士サービスを利用することもお勧めします。

マンションの滞納管理費の回収の流れ(例)

(1) 弁護士への相談
(2) 内容証明郵便による支払い請求
(3) 支払いの時期、金額などの交渉
(4) 訴訟提起
(5) 強制執行

滞納者に財産がないような場合、区分所有法により、その方の所有分を競売を行い回収を行うことも考えられます。
なお、短期の消滅時効等の制度があるので注意が必要です。

弁護士による安心の不動産トラブル相談

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階