不動産売買・契約

不動産売買のポイント

不動産は、価格も高額であり、生活に大きな影響を与え、買主がローンを組むことが多いなど、代えのきかないものであるという特徴があります。また、不動産売買においては、手附など他の契約類型には見られない特徴があるため、トラブルを防止するため、慎重な対応が求められます。

土地、建物の確認

不動産の売買契約においては、目的物の特定が必要となります。不動産の場合、公図などに記載されている面積、位置と実際のものが異なっていることがあります。

そこで、現地調査、不動産登記簿、公図などでの確認に加え、不安がある場合などには、不動産鑑定士、測量士など専門家の助力を受けることも検討しましょう。

売買契約の締結

売買契約においては、契約書を作成します。契約書は、紛争になった場合、裁判所での手続きを含め、紛争になった場合に大きな力を発揮しますので、慎重に作成することが重要となります。以下、不動産の売買契約において、大切なポイントを解説します。

  • 買主、売り主の確認

    権利がない人から買った場合、仮に代金を全額支払っても、不動産は自分のものにならない可能性があります。そのようなことがないように、売り主に本当に権利があるのか、確認することが重要です。

  • (連帯)保証人の設定

    不動産の購入は、ローンを組んだり、長期の分割払いによる支払いがなされることが多いですが、その場合、確実に支払いをしてもらうため、買主に加えて、連帯保証人を付けておくことが重要となります。

  • 代金の支払い時期、引き渡し時期

    代金を支払ったのに、引き渡しがなされない場合などのために、支払時期・引き渡し時期の明確化および支払いがなされなかったときの違約金の取り決めなどについても定めておく必要がありあます。

  • 瑕疵、修補などについての取り決め

    不動産には、瑕疵(問題。土壌汚染や、地盤が軟弱すぎるなど)が存在していることもありますが、法律上は必ずしもすべての瑕疵について、損害賠償や、修補請求が認められている訳ではありません。そこで、その土地、建物の特性に応じて、必要と思われる内容についてあらかじめ契約を取り交わしておくことが重要となります。

登記手続き

不動産にはその所有者、抵当権者などを対外的に公示する「登記」制度があります。

売買代金の支払い時期と関係しますが、適切な時期に適切な登記を行っておく必要があります。代金を支払ったにもかかわらず、登記が変更されていないなどということは、その不動産を二重に譲渡されてしまう大きな原因となりかねませんので、注意が必要です。

必要があれば、弁護士、司法書士への相談を行います。

不動産トラブルの内容によって、各種紛争解決手段も用意されています。不動産に関するトラブルには短期の時効にかかるものもあるため、問題が生じた場合には、早めに弁護士にご相談下さい。

不動産賃貸契約のポイント

弁護士による安心の不動産トラブル相談

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階