不動産の相続について

相続争いが発生する最大の原因は、不動産であると言われています。不動産は、高価であり、また分配が難しいものです。

当事務所では、相続に詳しい税理士や不動産鑑定士と連携し、不動産に関する相続を扱っております。

お悩みのことがございましたら、お気軽にご相談下さい。

不動産の相続の流れ

1.相続人及び相続財産(負債を含む)の調査

まず「相続人」を確定する必要があります。誰が相続人なのかを亡くなられた方(被相続人)及び相続人の戸籍を順次取り寄せて調査を行います。

同時に、「相続財産」(不動産、預貯金、株式、現金など)を調査していきます。相続人と同居していた場合でも、相続財産が分からないことが多く、また同居していない場合、弁護士などの専門家による調査依頼を検討する必要があります。

遺言書がある場合 自筆証書遺言の場合には、家庭裁判所で「検認」という手続きを経る必要があります。

公正証書遺言の場合、遺言執行者による相続財産の分配手続きが行われます。

2.遺産分割協議書の作成

相続人、相続財産の調査結果をもとに、相続人全員が集まって誰が何を相続するかを話し合い、「遺産分割協議書」を作成します。

相続税または譲渡所得税など、税務的側面からの検討も必要となります。

相続人の中で参加されなかった人がいる場合や相続財産に漏れがあったような場合、後日の紛争の原因となりますので、注意が必要です。

3.遺産分割の3つの方法

遺産分割の方法として、「現物分割」、「代償分割」、「換価分割」の3つの方法があります。

  • 「現物分割」とは、1つ1つの財産について相続人の誰が取得するのか決める方法をいいます。1つの財産を共有する形で相続することもあります。

    例:亡くなった父親の所有していた千葉市中央区の土地・建物は長男が相続する(長男と次男で共有する)。
  • 「代償分割」とは、特定の相続人が、特定の財産(現物)を相続する代わりに、他の相続人に金銭などを与える方法をいいます。

    例:亡くなった父親の会社の資産(株式、土地、工場)を長男が相続し、その代わりに、長男が次男にその分の価格の支払い(代償金(5,000万円))を支払う。
  • 「換価分割」とは、相続財産を売却して金銭に換えた上で、その代金を分ける方法をいいます。

現物分割をすると現物の価値が下がる場合や、現物分割に伴う代償金を支払うことが難しい場合に、こうした方法を取る事があります。

いずれの方法をとるかによって、税額が異なることがあります。

当事務所では、相続サポートにおいては、必ず、相続に詳しい税理士と協議しながら行っております。

4.遺産分割手続き

遺産分割協議や遺言の内容にしたがって,不動産の所有権移転登記や預貯金の引き出しなど、相続財産の分割をおこないます。

5.申告と納付

税務署に相続税等の申告と納付をします。

弁護士による安心の不動産トラブル相談

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階