離婚慰謝料

離婚慰謝料とは

「離婚慰謝料」とは、配偶者の浮気や暴力などによって「精神的な損害・苦痛」を受けたことに対する賠償金をいいます。また、離婚を余儀なくされたこと自体によっても認められます。

慰謝料請求が認められるためには、相手の行為が違法であることが必要となります。

具体例

  • 不貞行為(いわゆる浮気、不倫など。基本的に性的交渉が必要です)
  • 暴力・傷害行為

※単なる「性格の不一致」、「価値観の相違」などは法的には「違法」とまでは言えないことが多いといえます。

離婚慰謝料の金額

精神的な苦痛・損害を客観的に算定するのは困難であり、明確な基準はありません。下記のような要素を裁判所が総合的に判断して決定しています。

※請求自体が認められないことも少なくありません。

裁判例においては、100万円~300万円程度が平均的な金額といえます。

算定に考慮される要素

  • 違法行為の責任の程度(悪質性など)
  • 婚姻期間
  • 請求される側の社会的地位や支払い能力
  • 請求する側の責任の有無や程度

なお、離婚の原因と考える行為が法的に違法といえるのか、それを裏付ける証拠は十分かなどについては、専門的な判断が必要になりますので、弁護士のアドバイスを受けた上で請求を行うことが必要であるといえるでしょう。

無料法律相談のご予約はこちら

0120-963-613(通話料無料・携帯・PHS OK)

初回45分 無料法律相談実施中!

秘密厳守・便利な2店舗・土曜日相談可

無料法律相談のご予約