財産分与

財産分与とは

財産分与とは、離婚する際に、それまで夫婦で築き上げてきた財産を分けることをいいます。これには、それまで夫婦が協力して築き上げてきた財産を公平に分けるための清算的な側面と、離婚により生活が苦しくなってしまう配偶者のための扶養的な側面があります。

分与の対象となる財産

結婚後、離婚時(別居期間がある場合には、別居時点)まで、夫婦で築き上げてきた全ての財産が含まれます。したがって、上記の期間に築かれたものについては、預貯金や株式など所有者の名義にかかわらず、対象となります。

それぞれが相続した遺産や、結婚前に貯めていたお金などについては、対象から除かれることに注意が必要です。

分与割合の決定方法

分与の割合は、夫婦の年齢、職業、収入、資産、財産形成に対する貢献度その他の事情を考慮して決定されます。

それぞれの事案の個別の事情を考える必要がありますので、単純に2分の1づつ分けるという訳ではありませんが、調停、裁判になった場合、おおよそ2分の1に近い割合で分与割合が定められることが多いようです。

専業主婦(であった)方についても基本的に同様の考え方がなされることが多いです。

無料法律相談のご予約はこちら

0120-963-613(通話料無料・携帯・PHS OK)

初回45分 無料法律相談実施中!

秘密厳守・便利な2店舗・土曜日相談可

無料法律相談のご予約