慰謝料請求と証拠の重要性

離婚準備の重要性

現在、年間25万件、結婚しているカップルの3組に1組が離婚しています。結婚して20年以上経過後に離婚するいわゆる熟年離婚も急増しています。

その反面、本来であれば受け取れたはずの財産を受けられず、離婚後の生活に困るケースも増えているようです。離婚によって困らないための、離婚の準備の重要性について解説します。

適正な財産分与のために

適正な財産分与のためには、夫婦双方の財産状況を把握していることが重要となります。なお、誤解の多いところですが、夫婦であっても、相手方の財産について、銀行などに問いあわえても回答を受けられません。また、裁判手続き(調停、訴訟)を行った場合でも、裁判所が相手方の財産を積極的に探してくれることはありません。

仮に財産が分からない場合には、それを前提として、交渉、裁判を進めざるを得ない状況になることがあります。

別居、離婚を行う前に、まずはしっかりと相手方の財産の所在、価値の把握を行っておくことが非常に重要です。

慰謝料請求と証拠の重要性

離婚の原因となった行為を行った側は、他方の配偶者に対して、慰謝料の支払いを行うことになりますが、証拠が非常に重要になります。仮に、当初は、相手が不貞行為などの違法行為について、口頭で非を認めていたけれども、その後言を翻し、その事実を否定した場合には、慰謝料を合意に反映させるまたは裁判所に認めてもらうためには、証拠が必要となります。

証拠は、客観的な証拠である必要があります。また、物的な証拠(写真、録音、録画、手紙、メール)が複数あることが望ましいといえます。

興信所の利用について

興信所は、特に不貞行為などの証拠・裏付けが取りにくい違法行為の場合に有効であるといわれています。もっとも、興信所によっては、契約時点で十分な説明を行わずにトラブルになったり、十分な調査を行わずに高額な報酬を請求したりする例があるようです。

一般的に興信所の利用は少なくない費用が掛かるようです。興信所の利用にあたっては、信頼できる会社を選ぶこと及び費用や契約内容を確認したうえで、利用されるかどうかを決定することをお勧めします。

無料法律相談のご予約はこちら

0120-963-613(通話料無料・携帯・PHS OK)

初回45分 無料法律相談実施中!

秘密厳守・便利な2店舗・土曜日相談可

無料法律相談のご予約