調停離婚

調停離婚とは

調停離婚とは、家庭裁判所の調停手続で離婚を成立させることをいいます。調停とは、調停官、調停委員を交えた話し合いの中で、合意を目指す手続きをいいます。
夫婦間では、感情的になり、離婚することの合意ができない場合や、離婚自体については合意したものの、お金の問題(財産分与や慰謝料)、子どもの問題(親権)など、離婚の条件について、夫婦間で話し合いがまとまらない場合でも、第三者である調停委員などのアドバイスを受けて、合意が成立することもあります。

離婚の場合はすぐに「裁判」に持ち込むのではなく、まず家庭裁判所の「調停」で話し合いを行うことが義務づけられています(調停前置主義といいます)。

調停手続き

離婚の調停手続きでは、財産分与、慰謝料、親権、養育費など離婚に関するあらゆる問題について、話し合いを行い解決できます。

調停では、調停委員が交互に双方の言い分を聞き審理を進めていきます。1回の調停にかかる時間は2時間から3時間程度です。1か月に1回くらいの頻度で、期日が開かれます。

調停手続きにおける注意点

もっとも、調停委員は調停の手続きの内容などについては、双方に分かりやすく説明してくれるものの、それぞれの権利義務については、踏み込んだ説明、説得は行わないのが通常です(どちらかに肩入れすることはしない)。
また、調停で合意した内容については、判決と同様の効力をもち、一旦合意した内容を後で変更することは非常に困難です。

よって、調停に向けて必要な準備、調停手続きにおける注意点、見通しなど専門家である弁護士に事前に相談または依頼して慎重に手続きを進めることが必要といえます。

  • 調停はあくまで話し合いですので、協議離婚同様、夫婦間の合意が得られなければ離婚はできません。この場合、裁判離婚の手続きを行う必要があります。
  • 調停が不成立の場合、裁判所は「審判」手続きを行うことができますが、いずれかが不満な場合には法的な手続きを申し立てることにより、その効力を失います。

無料法律相談のご予約はこちら

0120-963-613(通話料無料・携帯・PHS OK)

初回45分 無料法律相談実施中!

秘密厳守・便利な2店舗・土曜日相談可

無料法律相談のご予約