過払い金はなぜ発生するのですか?

「過払い金」が発生する原因には,利息制限法と出資法という2つの法律が関係しています。利息制限法では、金利の上限が15~20%と定められており、その上限を超えた金利を定めても,超えた部分については法律上、無効です。
一方,改正貸金業法が完全施行される以前の出資法では,上限金利が29.2%とされており,この規定に違反すると「5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金」という刑事罰が科せられていました。このため,利息制限法を超えた金利を設定しても,出資法の上限金利を超えなければ刑事罰は科せられないということになっていました。
このように,利息制限法と出資法の上限金利の間の金利は,民事上は無効にもかかわらず刑事罰は科せられないため「グレーゾーン金利」と呼ばれ、貸金業者は,この「グレーゾーン金利」による金利を設定し,違法な利息を取っていたために、過払い金が生じることになります。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階