過払い金が発生しているのかどうかを知る方法はありますか?

過払い金の発生する一つの目安としては、取引年数があります。具体的には、5年以上取引があれば過払い金が発生している可能性があり、7年以上であれば過払い金が発生している可能性は高いといえます。
なお、正確には、貸金業者から取引履歴を取り寄せた上で、利息制限法で引き直し計算をした結果、その有無や金額が判明します。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階