Q 債務整理の対象(税金、年金)

Q 私は、銀行、消費者金融からの借り入れにくわえて、税金、年金、国保の滞納があります。これらの税金も弁護士による債務整理手続きを行うことにより、整理することはできますか。

A 税金や、年金、国保は、任意整理の対象とならず、また、それらは破産法などの法律で「非免責債権」(破産しても免責されない債権)とされているため、たとえ自己破産や民事再生を行った場合でも、これらは免除、減額されることはありません。

よって、税金、年金などの滞納がある場合には、ご自身で、市町村や税務署へご相談いただき、猶予や減免などの手続きを行っていただくことになります。事情を誠実に説明し、支払う旨の意思を表示すれば、支払方法の変更等に柔軟に対応してくれるケースがほとんどです。

生活の再建のため、税金などの整理もあわせて進めていくことをお勧めいたします。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階