Q グレーゾーン金利とは

Q 私は、消費者金融と10年以上の取引がありますが、知人からグレーゾーン金利分の過払い金が発生しているのではないかと言われました。「グレーゾーン金利」とはいったいなんですか。

A 「グレーゾーン金利」とは、利息の上限を定める「利息制限法」で定められた上限金利と、刑罰を定める「出資法」で定められた上限金利の間の金利のことをいいます。

この2つの法律は、いずれも金銭消費貸借の金利の上限を定めるものです。

利息制限法では金利の上限を、その借り入れ金額に応じて、15パーセントから20パーセントと定めています。仮に貸金業者が、利息制限法の上限を超えた金利を定めた契約を行っても、その超えた部分の条項は法律上無効とされます。

これに対して、出資法は刑事罰の対象となる金利の上限を定めているものです。出資法では上限金利が29.2パーセントとされています。

このように,利息制限法と出資法の上限金利の間の金利は、民事上は無効にもかかわらず刑事罰は科せられない、言い換えると、ある法律に照らせば違法・無効だが、ある法律に照らすと違法ではないという「灰色の部分(グレーゾーン)」といえます。そのため、かつては、貸金業者のうち、主に一部の消費者金融業者とクレジット系(信販系)の会社は、金銭消費貸借契約において、この「グレーゾーン金利」による金利を設定し、違法な金利を取っていたのです。

非常に高利な利率であったため、返済が困難になる債務者(借主)が多数にのぼり、社会問題化したこともあります。その後、最高裁判所がグレーゾーン金利について、違法・無効であることを明らかにし、法律も改正されました。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階