Q 債務整理の影響(勤務先のクレジットカード・社員証)

Q 私は大手のクレジットカード会社でパート社員として勤務しています。この会社では、社員証がクレジットカードと一体になっています。このような場合、債務整理を行ったことが、勤務先に知られてしまうことはありますか。

A 借入残高が残っている状態で債務整理手続きを行った場合、信用情報機関に事故情報が登録され、今後の新たな借り入れを申し込んだ会社に対して、その事故情報が知られてしまう可能性があるというリスクがあります。

この点、社員証と一体となっているクレジットカードに利用残高がない場合、そのクレジットカード会社は債権者にはなりませんので、債務整理の事実を勤務先に知られてしまう可能性は低いと思われます。もっとも、クレジットカードの更新の際に、再度、与信審査を行う場合があるようですので、絶対に知られてしまうことがないとは言い切れないと思われます。

これに対して,利用残高がある場合にはクレジットカード会社は債権者になりますので、債務整理手続きのうち、自己破産・民事再生を選択する場合には、裁判所からクレジットカード会社に通知が発送され,勤務先にもその事実が知られてしまう可能性があります。もっとも、介入業者を選択することができる任意整理の場合、その会社を任意整理手続きを行わない場合には、リスクは小さいものと思われます。なお、更新の際のリスクは上記のとおりです。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階