Q 「保証人」と「連帯保証人」

Q 私は、大学生の子どもが奨学金を借入れる際に連帯保証人になることを求められていますが、「連帯保証人」は単なる「保証人」とどのような違いがあるのでしょうか。

A 保証人と連帯保証人は、いずれも主債務者(実際に借り入れを行った人)が返済ができなくなった場合、その方に代わって返済する義務を負うという点では共通します。しかし、法的には、主に以下の点で違いがあります。これらの違いは、保証人よりも連帯保証人の義務が加重されているものと理解されます。

また、上記のとおり、保証人または連帯保証人は、借入を行った人が返済ができなくなった場合には実際に責任を負わなければならないため、保証人、連帯保証人となる場合には、いずれもその義務の内容をよく理解したうえでなることが重要です。

・催告の抗弁:貸金業者がいきなり(連帯)保証人に対して請求をしてきた場合には、保証人であれば「まずは主債務者に請求してください」と主張することができます。これに対して、連帯保証人は、法律上、そのような主張を行うことが認められていません。

・検索の抗弁:主債務者が返済できる資力があるにもかかわらず返済を拒否した場合、保証人であれば主債務者に資力があることを理由に、貸金業者に対して主債務者の財産に強制執行をするように主張することができます。これに対して、連帯保証人は、法律上、このような主張を行うことが認められておらず、仮に主債務者に資力があっても貸金業者に対して返済する必要があります。

・(連帯)保証人が複数いる場合,保証人はその頭数で割った金額のみを返済すればよいのに対して,連帯保証人はすべての人が全額を返済しなければなりません(もちろん,本来返済すべき額を超えて返済する必要があるわけではありません)

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階