Q 債務整理の影響(信用情報)

Q 弁護士による債務整理手続きをお願いした場合、信用情報機関に「事故情報」と呼ばれるものが登録されてしまい、今後ずっと借入やクレジットカードの利用ができなくなってしまうと聞いたことがあります。

私は、将来、自動車や住宅のローンを組みたいと考えているのですが、それもできなくなってしまうのでしょうか。

A 債務整理手続きを行った場合、信用情報にその内容が事故情報として登録され影響が出ることは事実のようです。もっとも、その影響の機関としては、事故情報が登録後約5年から10年程度で抹消されるとされており、信用情報への事故情報の影響もその期間になるのが通常のようです。

また、信用情報に関する影響は、債務整理手続きを行った事実だけでなく、それまでの借入、返済・滞納状況なども総合的に登録されているようです。

なお、完済後の過払い請求については、信用情報への登録による影響はないといわれています。

よって、債務整理手続きを行った場合でも、登録期間経過後は、借入を行うことはできます。借入やクレジットカードの利用が一時的にできなくなるというデメリットはありますが、この期間を反対に貯蓄の期間と考え、生活の再建を図る機会と考えてもよろしいのではないでしょうか。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階