Q 自己破産のデメリット

Q  自己破産は借金をゼロにできると聞きましたが、デメリットもあると聞いています。「破産」というと非常に恐ろしいイメージがあるのですが、具体的にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

A 自己破産の一番のデメリットとしては、(借金がゼロになる代わりに)今後の新しい借り入れが長期間(約10年)難しくなってしまうということが挙げられます。

また、破産法上、認められている限度内の財産(自由財産)以上の財産については、手放して(換価して)債権者へ分配しなければいけないことがあります。なお、誤解が多いところではありますが、家具等の生活に欠くことができないと認められる財産については、処分されることは一切ありませんので心配はいりません。 

そのほかに、破産法上、自己破産手続の期間中(3か月から6か月程度)は、破産法で定められている一定の職種(お金を取り扱う業種や警備員など)に就くことが制限される(資格制限)というデメリットがあります(これを資格制限といいます)。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階