Q 免責不許可事由とは

Q 私は、消費者金融など5社から合計200万円の借り入れがあります。先月、職がなくなったこともあり、自己破産手続きを希望しています。

借入の理由として、競馬やパチンコがあるのですが、このような場合でも自己破産を行うことは可能なのでしょうか。

A 自己破産手続きの効果として、借金が(非免責債権を除き)ゼロになるという「免責」があります。

ただし、すべての場合に、免責を認めることは法政策的も相当でないことから、賭博(パチンコ、競馬、競輪等)や浪費等の破産法上定められている「免責不許可事由」がある場合、免責が認められないこともあります。

本件の場合には、免責不許可事由が存在すると認定される可能性があります。

もっとも、仮に、免責不許可事由が存在する場合でも、免責不許可事由の内容、程度、破産申立人の反省の有無、今後の経済的な更生の可能性等に鑑みて裁量的に免責を認める場合(「裁量免責」)があります。

破産手続きに至った事情を反省、更生し、破産手続きへ誠実に協力を行えば、多くの場合で裁量免責が認められる運用になっていますので、一度、専門家である弁護士に相談されるようお勧めします。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階