Q 自己破産手続きの期間(少額管財手続き)

Q 私は、商売を行っていて多数の借入及び取引先の債権者がおりますが、これ以上事業を続けられないため、自己破産手続きを行うことを希望しています。自己破産手続きにが終わるまでにどのくらいの期間がかかるのでしょうか。

A 自己破産手続きが終了するまでの期間は、自己破産手続きの種類によって変わります。まず、自己破産手続きの中でも個人の破産の場合に多く採用される「同時廃止手続き」の場合には、3か月から4か月程度です。

これに対して、破産手続きの原則的な手続きである「少額管財手続き」の場合、債権者数、破産財団の種類、数、換価の容易さ、破産申立人の裁判所への協力の程度などにより、終了までの期間は大きく変わります。もっとも、1年を超すような事件はあまりありません。

自己破産手続きを申し立てるにあたっては、自分で行う・代理人(弁護士、司法書士)をたてる、申し立て前までの事前準備、申し立て後の裁判所への協力の程度などが非常に重要になります。

ご質問のケースの場合、負債の額や債権者数、事業内容・状況の調査の必要などから、少額管財手続きになることになる可能性が高いものと思われます。

自己破産手続きを考えるにあたっては、専門家である弁護士へ相談しながら進めることをお勧めいたします。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階