Q 自己破産と自由財産(子供の学資保険)

Q 私には、めぼしい財産がありませんが、子供名義で5年にわたって積み立ててきた学資保険があります。仮に自己破産を行った場合、この学資保険は解約して返済に充てなければならないのでしょうか。

A 自己破産を行う場合、破産法上、保持が認められている財産(自由財産)以上の財産を持ち続けることは原則としてできません。

子供名義の財産が、実際には、破産を申し立てる者の財産に当たるのかがまず問題となります。その後、上記の自由財産の範囲内・自由財産の拡張を行えるかどうかを検討することになります。本人の財産かどうかは単に名義だけにとどまらず実質的に判断されます。子供は通常の場合,自ら学資保険を積み立てることができませんので,実質的にみて本人の財産であると判断される可能性が高いといえます。なお、処分されるのは学資保険の解約返戻金が20万円を超える場合であり,20万円以下の場合には学資保険を解約する必要はありません。
 

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階