Q 過払い請求と契約書

Q 私はクレジットカード会社へ過払い請求を行うことを希望していますが、10年以上前に結んだはずの契約書等をなくしてしまっています。このような場合でも手続きを行うことは可能でしょうか。

A 過払い金の有無については、貸金業者との契約内容および実際の取引状況が重要となります。

貸金業者には取引履歴の開示義務が課せられており、弁護士にご依頼された場合には、弁護士がそれぞれの業者から取引履歴を取得し、過払い金の有無について調査を行うことが可能です。

なお、過払い金が発生するには、消費者金融の場合、一般的には通常5年以上取引を継続していることが必要となることが多いといえます。もっとも、取引期間が長期に及ぶ場合や完済経験がある場合には,貸金業者から全部の取引履歴が開示されない場合もあります。全取引履歴が開示されているかどうかをチェックするためにも,契約書等の資料が残っている方が望ましいといえるでしょう。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階