債務

債務整理(借金整理)における「債務」とは、貸金業者(銀行、クレジットカード(信販会社)、消費者金融会社など)に対して負う借入金の返済義務のことをいいます。法律的には、金銭消費貸借契約上の返済義務をさします。お金を借りている人を「債務者」といいます。

これに対して、貸主である貸金業者から、借主である債務者に対する権利を「債権」といいます。また、その際の貸金業者を「債権者」といいます。

複数の人が同じ債務を負う場合を、「連帯債務」といいます。

なお、借主が返せなくなった場合に、借主に代わって返すという約束をすることを「保証」を行うといい、保証を行った者のことを「保証人」といいます。

消費者金融、クレジットカード会社、銀行からの借り入れへの債務には利息の支払い義務も含まれており、借入金額が多額に上ることから、返済の途中で返済が困難になるケースが多数出ているのが現状です。

弁護士や裁判所を通した債務整理による生活再建の方法がありますので、債務に悩んでいる方は、専門家である弁護士などに一度ご相談されてみることをお勧めします。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階