金利(利子)

金利(利子)とは、貸金業者との金銭消費貸借においては、貸金業者から借主が金銭を借りる際に約束した、返済時に元金に付加されるある一定利率で支払われる利息のことをいいます。

利息については、その上限について、法律によって請求できる利率について定めがあります。

お金を借りる場合には、借主は何らかの理由・必要性があり、借り入れを行うことになりますが、その場合、借り手は多少高い利息を支払ってでも借り入れをしようとすることが多いといえます。

しかし、あまりに高い利率の定めがなされると借り手の生活を破壊する危険があるため、契約自由の原則の例外として規定されています。

利息の上限については、利息制限法により規定されており、借り入れ金額に応じて、その上限が定められています。

なお、かつては一部の貸金業者(多くの消費者金融やクレジットカード業者(審判業者)が、利息制限法の上限金利を無視して違法に高い金利をとっていたという社会的事実があります。この違法にとられた部分(過払い金)については、最高裁判所の判例などにより、借主が返還請求を行うことができます。

消費者金融やクレジットカード会社などとの取引が長期間あったかたについては、一度弁護士などの専門家に相談されてみることをお勧めいたします。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階