グレーゾーン金利

グレーゾーン金利とは、法律上の用語ではないものの、平成22年6月18日施行の貸金業法及び出資法改正前に存在した利息制限法に定める上限金利は超えるものの出資法に定める上限金利には満たない金利のことをいいます。 

利息制限法によれば、金銭消費貸借契約における利息の契約は、同法で定められた利率を超える超過部分は無効とされています。もっとも、利息制限法を超えるものの出資法の上限金利(この部分を超えると刑事罰が科せられるというもの)を下回るという部分については、貸金業者(銀行、クレジットカード会社(信販会社)、消費者金融)の各社の理解に違いがありました(白でもなく黒ともいえないということでその部分を「グレーゾーン」と呼ばれたと考えられます)。 

貸金業者のうち、特に消費者金融(いわゆるサラ金)業者の多く及びクレジットカード会社の一部の会社は、利息制限法を超え、出資法以下の部分である非常に高金利で借主と金銭消費貸借契約を締結し、高金利を得ていました。 

しかし、その後、多数の最高裁判例が出され、その中で、利息制限法を超える部分の利息(過払い)については違法という判断がなされ、現在では同法を超える部分については違法であり、過去にその部分を超える利息の支払いについても返還が認められることになりました。 

なお、貸金業者の中には、グレーゾーン部分についての利息の収受について、適法であると主張したり、一部しか返還しないなどと主張する業者が少なくありません。貸金業者からの過払金の返還を請求するについては、専門家である弁護士に相談しながら進められることをお勧めします。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階