後見人(成年後見人)

成年後見人とは、家庭裁判所から選任された、高齢や病気等の理由により判断能力のなくなった人に代わって財産の管理等を行う人のことをいいます。近時は、高齢者の増加により、高齢者の財産を狙った悪質な犯罪が多発しており、それらの被害から高齢者を守るための制度です。

かつては、同様の制度として、準禁治産(じゅんきんちさん)制度というものがありましたが、戸籍に記載されるなどプライバシー保護の点からも十分な制度とはいえないものでした。成年後見制度は、その利用ついて、戸籍に記載されることはありません。

成年後見制度は、本人の判断能力が十分でなくなったのちに、家庭裁判所においてふさわしい後見人が選任される制度ですが、後見に関する制度としては、その他に、本人が判断能力が十分なうちに、本人が自ら選んだ候補者と契約をしておく「任意後見」があります。任意後見制度の場合には、本人が元気なうちは、後見手続は開始せずに、本人の判断能力が衰えたのちに、あらかじめ選んでおいた任意後見人が後見手続を行うという流れになります。

成年後見人には、弁護士等の専門家または御身内のかたなどから最もふさわしいかたを家庭裁判所が選任します。

その他、本人の判断能力の程度により、成年後見手続よりもより程度の軽い手続きとして「保佐」、「補助」手続があり、いずれも家庭裁判所の手続を経て、自分にあったふさわしい内容の手続を利用することができます。

現在は核家族化や都市化の進行により、自己の老後について不安に思われている方が少なくありません。また、お身内の方がおられても迷惑をかけたくないと決められている方も多いです。そのような方々のために、成年後見をはじめとした制度がありますので、裁判所や法務省、または専門家である弁護士に一度ご相談されることをお勧めいたします。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階