公正証書

公正証書とは、公証人が事実や権利関係等を証明するために作成する文書のことをいいます。公正証書は裁判の判決と同じ効力を持ち、公正証書で記載されているとおりの返済がなされなかった場合に、債権者は返済を求める裁判を行うことなく、給与の差押等の強制執行の申立を行うことができます。 

公正証書の種類としては、遺言公正証書、任意後見契約公正証書、金銭の貸借に関する契約や土地・建物などの賃貸借に関する公正証書、離婚に伴う慰謝料・養育費の支払に関する公正証書並びに事実実験に関する公正証書などがあります。

公正証書を作成するメリットとしては、法律の専門家である公証人が、本人から事情・希望などを確認した上で作成されるものであり、誤記や、違法・無効な内容になる恐れが小さいこと及び民事執行法上認められている債務名義として、相手方がその内容に違反した場合には、裁判手続きを経ずに、強制執行を行うことができるようになります。 

もっとも、公正証書の内容については、法務・税務面で熟慮の上で行うことが望ましいことから、弁護士と事前に相談、作成したうえで、公正証書にするという流れが最も望ましいと思われます。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階