個人事業主

個人事業主とは、法人(株式会社、合同会社など)を設立せずに自ら事業を行っている個人のことをいいます。

行っている事業の種類やその規模(売上、利益、従業員数)などは問いません。

個人事業主と法人とは異なる法制度、税制度にもとづいて規律され、それぞれメリット・デメリットがあります。一般に、個人事業主の場合には、小規模で資金がそれほど必要とされない事業に向いているなどとされています。

個人事業主の場合、最初の立ち上げの部分および規模がある程度大きくなってきたときの組織整備が非常に重要であるといわれています。最初の立ち上げ期には、人的物的資本が小さいため、助成金などをうまく活用してまずは立ち上げを成功させることがポイントです。また、個人事業主として事業を開始したのち、法人成りすることも珍しくありません。

個人事業主と法人制度には、様々な法規制やメリット・デメリットがありますので、創業期または企業規模が大きくなってきたり、業種を拡大、転換しようとする際などには、経営・法律の専門家である弁護士に相談することをお勧めします。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階