債権譲渡

債権譲渡とは、民法に規定のある制度であり、自己の債権をそのまま第三者に譲渡することをいいます。

債権譲渡を債務者に主張するためには、債権譲渡をした旨を債務者に通知するか、債務者が承諾しなければならないとされます。

債務整理手続きにおいては、近時、貸金業者の統廃合や債権の譲渡などが多数行われたことにより、過払い金返還の請求先が元の会社なのか、債権譲渡を受けた会社になるのかなどの問題が発生しています。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階