相殺

相殺とは、民法に定められた債務の消滅原因の一つであり、具体的には、相対する当事者間において、両者が債権債務の両方を同一の者に対して有している場合に、その債権と債務を重なる金額の範囲で消滅させることをいいます。

相殺の趣旨としては、相殺の担保的機能(相殺を弁済を確保する手段として利用する)及び互いの債権を弁済する手間を省き、決済を簡略化することなどがあげられます。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階