代理権

代理権とは、その法律行為において本人に効果を帰属させることのできる権利・権限のことをいいます。代理権の種類としては、民法などの法律上認められている「法定代理権」と呼ばれるものと、本人の委任に基づく「任意代理権」があります。

法定代理権は、各法律においてその要件や範囲が定められています。また、任意代理権は、委任者においてその内容を定めることになります。

なお、本来、代理権がないにもかかわらず、存在すると偽ってだまそうとする行為(無権代理行為)を行うものがありますので、注意が必要です。

任意代理人の場合、本人の委任の有無。その内容を確認するため、委任状の確認を求める等の行為が必要となることもあります。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階