調停に代わる決定(17条決定)

調停に代わる決定とは、裁判所法17条に定められている裁判手続きであり、簡易裁判所における「特定調停手続き」において、裁判所が申立の趣旨に反しない範囲内で、調停の代わりに職権で行なう決定のことをいいます。

貸金業者と借主との裁判においても用いられることがあり、裁判当事者のうち、裁判期日に出廷ができないが、双方で合意ができているような場合に利用されます。

調停に代わる決定は、裁判当事者が事前に同意していることを前提とするものであることから、債権者からの同意が得られなかった場合、その効力は失われます。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階