定額方式(定額返済方式)

定額返済方式とは、貸金業者(銀行、クレジットカード(信販)会社、消費者金融)などとの消費貸借契約取引における返済の一方法であり、具体的には、借主が貸金業者に対して、元金もしくは元金と金利の合計額の一定額を、毎月返済するという「リボルビング方式」をいいます。

定額返済方式の種類としては、大きく「元金定額」リボルビング方式と「元利定額」リボルビング方式などがあります。またこの中間の方式など、現在の金融取引においては、多様な返済方法が定められているようです。

貸金取引というと利率や遅延損害金、担保(保証人、不動産の抵当権など)などに注意がいきがちですが、返済方式の違いによっても、支払総額が非常に大きく変わることが少なくありません。

返済方法については、借入金額や利率、遅延損害金の定め等に応じて、金銭消費貸借契約を結ぶ際に、よく考えて決定する必要があり、不安や心配な点があれば、専門家である弁護士に相談しながら行うことをお勧めします。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階