抵当権

抵当権とは、不動産等に設定される担保権の一種であり、被担保債権の弁済を保証するものです。抵当権については、民法や各種の特別法に詳細な定めがあります。

抵当権を有している債権者を「抵当権者」といいます。抵当権者は、債務者が債務を履行しない場合、抵当権を実行して、その売却代金から優先的に返済を受けることができます。

このように、抵当権は、優先弁済権としての役割を果たすものであり、経済取引において大きな役割を果たしています。また、破産手続きなどにおいても、抵当権者は一般の債権者と比べ、有利に扱われる等の特徴があります。

貸金取引においても、銀行などとの取引においては、通常、大口の借入の場合、不動産担保が要求され、消費者金融などとの取引においても、その金額によっては、抵当権の設定を求められることがあるようです。

自分の借入または他人の借入であっても、その返済ができなくなった場合には、抵当権を設定した不動産を失ってしまうという大きなリスクがあります。抵当権を設定する場合には、その返済計画について、弁護士などの専門家に相談のうえで、よく検討後に行うことをお勧めします。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階