同時廃止事件

同時廃止事件とは、地方裁判所における自己破産手続きにおける手続きの名称であり、破産手続きに要する費用(予納金)を準備できない場合などに採られるものをいいます。

これに対して、予納金を準備できる場合などにとられる原則的な手続きは、「管財手続き」(通常管財事件、少額管財事件)といいます。

同時廃止手続きは、破産手続きのためにかかる費用を準備できないことが多い、消費者破産において大きな役割を果たしている制度です。

もっとも、免責(裁判所が借金をゼロにすること)について問題がある場合などは、原則として、少額管財手続きによる破産手続きが選択されます。

高価な資産がない場合であって、かつ免責事由についても問題がない場合に、破産手続開始決定と同時に手続を廃止させるという簡単な手続となります。

同時廃止手続きと少額管財手続きは、費用およびその後の手続きの流れも大きく異なることから、弁護士などの専門家と相談し、十分な準備、理解を行ったうえで、自己破産の申し立てを行うことをお勧めします。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階