特定調停

特定調停とは、簡易裁判所における裁判手続きの一種であり、債務整理手続きに関係するものとしては、滞納が生じている借主が簡易裁判所に申し立てることによって、貸金業者との仲裁を受け、返済条件の軽減等の合意が成立するよう働きかけ、債務者が借金を整理して生活を立て直せるよう支援する制度のことをいいます。

特定調停は、弁護士や司法書士などの専門家によらずとも、借主本人が行える手続きであり、また、裁判所という第三者機関を交えた手続きであり、有用性が認められます。

もっとも、かつては、貸金業者から取引の履歴の開示を求めずに特定調停を成立させたり、利息制限法に違反した内容のままで合意を成立させてしまったという例も少なからずみられるようです。

特定調停手続きを利用しようと考えている借主の方及びすでに利用してしまったものの疑問点がある方などについては、専門家である弁護士へ一度、相談なされてみることをお勧めします。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階