不当利得

不当利得とは、民法に定めのある用語であり、法律上、その権利・利益を受ける権利、資格がないにもかかわらず、他人の財産または労務により利益を受けることをいいます。

債務整理手続きにおいては、利息制限法の上限金利を超過した金利分である「過払い金」は、債権者が法律上の権利なく受け取った利益であるため、不当利得にあたることになります。

したがって、過払い金を取得している貸金業者は、その得た利益について、借主に対して返還する義務があります。

なお、近時は、大手の消費者金融の倒産・経営悪化などにより、貸金業者(消費者金融、クレジットカード会社(信販会社)、銀行など)が過払金の全額返還を拒むことが少なくないようです。過払金の相談については、専門家である弁護士に相談されることをお勧めします。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階