返済限度額(可処分所得)

返済限度額(可処分所得)とは、それぞれの収入をベースに計算されるもので、貸金業者(銀行、クレジットカード会社(信販会社)、消費者金融など)への返済について、借主の通常の生活を維持したまま、返済が可能と思われる限度額のことをいいます。

個人の場合は、毎月の返済限度額は、手取収入から家賃・住宅ローンを控除した金額の約3分の1といわれています(手取り収入が月額25万円の人は、約8万円)。

このような考えから、改正貸金業法においては、貸し付けの上限額を年収の3分の1にするという法改正がなされています。それ以前には、貸金業者が、各人の返済能力をあまり考慮せずに多額の貸し付けを行い、多数のが多重債務者問題が生じたという社会的な反省を踏まえたものといわれます。

将来における自分の経済的な状態については、一般的に楽観的に考えてしまうといわれますが、高利での借り入れである貸金業者からの借り入れを行う場合には、返済が困難にならないように、しっかりと収入と支出を考えながら利用を行うことが重要となります。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階