偏頗弁済行為

偏頗弁済行為とは、自己破産手続きにおける問題行為(免責不許可事由など)であり、具体的には、他の債権者を害することを認識しながら、一部の債権者にのみ優先的に返済等を行うことをいいます。

自己破産手続き・個人再生手続においては、債権者平等の原則等が強く要請されているため、偏頗弁済行為により免責不許可や再生計画の不認可決定が出る可能性があります。

免責不許可事由が生じた場合、免責不許可(借金がゼロにならない)など、重大な問題が発生します。

問題と思われることがあれば、専門家である弁護士に相談しながら進められることをお勧めします。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階