みなし弁済

みなし弁済 とは、貸金業法に定められている制度の一つで、利息制限法の上限金利を超える金利を支払った場合、原則としてその返済は法律上無効となるが、任意性等の一定の要件を充たした場合にその返済が例外的に有効となることをいいます。

貸金業者(消費者金融、クレジットカード会社(信販会社))は、裁判などにおいて、自己に有利にみなし弁済の主張を行うことが多いですが、現在は最高裁判所の判例などにより、みなし弁済の有効性は事実上否定されています。

もっとも、貸金業者は、交渉段階や裁判段階において、みなし弁済の主張を行ってくることが多いため、貸金業者が争ってくる場合には、専門家である弁護士に相談しながら進めることをお勧めします。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階