免責調査型少額管財手続き

免責調査型(少額管財手続き)とは、破産者に破産法上の「免責不許可事由」がある場合に、裁判所が免責不許可事由の内容・程度や裁量免責の是非を調査するための少額管財の一類型のことをいいます。

消費者破産においては、破産手続きの費用を用意することができない場合が少なくなく、その場合には、破産手続きの原則類型である管財手続きではなく、同時廃止手続きという簡易な手続きによる審理が進められることが一般的です。

もっとも、破産法上の問題がある場合の一類型である、免責不許可事由に該当する事由がある場合には、同時廃止手続きではなく、破産者の資産、借入の理由、現在の生活状況などを裁判所・管財人が慎重に調査したうえで、免責を認めるかどうかを決定する、面積調査型の少額管財手続きがとられます。

少額管財手続きは、同時廃止手続きと異なります。

免責不許可事由に該当する事由がある場合には、弁護士に相談しながら、自己破産手続きを進めることをお勧めします。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階