免責不許可事由

免責不許可事由とは、破産法に規定されているもので、自己破産手続きを経ても、免責(借金がゼロになる)が不許可となる事由・原因のことをいいます。

免責不許可事由は、破産法に法定されていますが、社会常識的にみて、借金をゼロにすることがふさわしくないような行為が規定されています。具体的には、借金の主な原因が、ギャンブル(パチンコ、競馬等の賭博)や著しい浪費、換金行為等が免責不許可事由にあたります。 

 もっとも、免責不許可事由に該当する事実があっても、一定の条件を満たす場合には、裁判官による裁量免責が認められることがあります。

免責不許可事由がある場合には、消費者破産においても、同時廃止手続きではなく、少額管財手続きによる審理が進められることが多いといえます。

免責不許可事由があると思われる場合には、弁護士に相談しながら、手続きを進めることをお勧めします。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階