オーバーローン

オーバーローンとは、住宅ローンを組んで自宅を購入した場合で、住宅ローンの残額が、自宅の現在の価値よりも高く、その物件を売却しても住宅ローンが残ってしまうような状態のことをいいます。

不動産は価値が高く、借金・債務の返済のための原資として中心的なもののひとつになりますが、その不動産に住宅ローンが付着しており、その残高がその不動産の現在の価値を上回っているような場合には、その不動産には経済的な価値がないとみなされます。

法的にも、自己破産手続きや、個人再生手続きにおいて、申立人所有の不動産がオーバーローン状態の場合には、通常の不動産の扱いとは異なり、その不動産の価値がないものとして取り扱われることになります。

もっとも、不動産の評価(時価評価・実勢価格)は幅があることが一般的なため、複数の不動産業者から査定を取得するまたは、不動産鑑定士による評価を経てその金額が定められることになります。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階