過払い金

過払い金とは、法令上の用語ではありませんが、貸金業者(消費者金融、クレジット(信販)会社等)との金銭消費貸借取引において、利息制限法の定める利率を超える高利の借入れをした借主が、本来、借入金の返済は終わったのに返済を続けたため払いすぎた金銭のことをいいます。

利息制限法は、貸付にあたり、その金額に応じて上限金利を定めているが、一部の消費者金融、クレジット会社は、この法律を無視して違法な高金利での貸し付けを行っていました。

弁護士や裁判所による判断により、上記の違法にとりすぎた(払いすぎた)金員の返還が認められるようになりました。

なお、過払い金は、最終返済日(完済日)から10年を経過した場合には、原則として消滅時効により、請求が認められなくなる可能性がありますので注意が必要です。

また、近時は、多数の過払い金の返還請求・裁判により大手の消費者金融の倒産等の事態が生じており、貸金業者が過払い金の返金を拒絶することが見受けられる。

そのため、過払い金に関する相談は専門家である弁護士等に相談しながら進めることをお勧めします。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階