破産による資格制限

破産による資格制限とは、地方裁判所への自己破産の申立てをした場合、一定の職業(具体的には、警備員や保険の外交員、税理士・弁護士などの一定の職業)に手続きの期間中(復権まで)一時的に就けなくなってしまうことをいいます。

破産による資格制限は、破産法上、定められている、自己破産手続きをとる上でのデメリットの一つです。

なお、この制限は破産手続開始決定から免責決定を得るまでの間の制限であり、自己破産の手続きが終われば制限はなくなります。

自己破産手続きは、借金をゼロにすることができ(免責)、生活の再建に非常に有効な手続きの一つですが、破産による資格制限のように、デメリットもあるため、その利用の有無や時期、条件等について、専門家である弁護士に相談しながら進めていくことをお勧めします。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階