保証債務

保証債務とは、民法に規定された契約としての保証(保証契約)に基づく債務であり、保証人・連帯保証人が保証している(負っている)債務のことをいいます。

保証債務を負っている者を保証人といいます。保証債務は、保証人と債権者との間で締結される契約(保証契約)によって生じます。保証債務は、それによって担保されている主たる債務とは別個独立の債務であす。

保証債務の性質としては、次のようなものがあります。

  保証債務の付従性:保証債務の成立、変更、消滅は、主たる債務の成立、変更、消滅に従うことをいいます。

  保証債務の随伴性:保証債務は、主たる債権が債権譲渡等された場合、主たる債権と同時に債権の譲受人らへと移転することをいいます。

  保証債務の補充性:保証債務は、主たる債務者が債務不履行に陥って初めてその補充のため履行する義務が生じる二次的な債務であることをいいます(民法446条)

主債務者が支払いを行えない場合には、保証人らがその支払い義務を負います。身内や親友から頼まれて断り切れずに、保証人となる場合でも、その責任は重大なものです。保証人となる場合には、その内容(金額や支払い条件、期間等)をよく考えた上で行う必要があります。

はっきりしない内容の場合には軽率にサインを行わないことが重要です。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階