相続財産

相続財産とは、被相続人(亡くなられた方)の死亡時の所有財産の総体をいいます。

具体的には、不動産、預貯金、有価証券・借地権・借家権、貸付金・債権などのプラスの財産(積極財産)及び借金や保証債務などのマイナスの財産(消極財産)が含まれます。

相続人は、具体的な権利義務のみならず、被相続人の財産的な法律上の地位(契約上の地位など)も引き継ぎます。もっとも、ただし、被相続人の一身に専属する権利等は相続人には引き継がれません(例:雇用契約上の従業員としての地位)。

また、「相続財産」という法律上の概念において、法律上の相続財産と税法上の相続財産の範囲に差異があることにも注意が必要です(相続人が保険金受取人として指定されている生命保険金命保険金は、相続財産ではなく、その相続人の固有の財産とされます)。

相続財産を受け継ぐかどうかは、それぞれの相続人が自由に決めることができます(単純承認、限定承認、相続放棄)。なお、相続放棄、限定承認については、家庭裁判所での手続きを経ることが必要となり、また期間制限もあるため、不明・心配な点がある場合には弁護士等の専門家へ相談の上で進めることをお勧めします。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階