相続放棄

相続放棄とは、相続において、亡くなった人(被相続人)が生前持っていた財産(プラスの財産及びマイナスの財産)の一切を引き継ぐこと(相続)を、家庭裁判所をとおして、拒否することをいいます。これに対して、被相続人の全ての相続財産を引き継ぐことを、「単純承認」、家庭裁判所の手続きにより、限定した相続を行うことを「限定承認」といいます。

相続放棄は、積極財産よりも消極財産が多いような場合に利用されます。相続放棄手続きは、原則として、相続開始時から3か月(熟慮期間)以内に家庭裁判所へ申し立てることにより行う必要があります。相続放棄は、相続人各人がそれぞれ申し立てることができます。

なお、この3か月の期間内に相続するか、相続放棄を行うかの結論が出ないような場合には、家庭裁判所へ相続放棄の熟慮期間の延長の申し立てを行うことができます。

また、生前、相続人と疎遠であったなどの事情により、相続手続きの熟慮期間内に、相続放棄をできなかったような場合でも、事情により家庭裁判所で相続放棄が認められることがあります。

相続放棄手続きは、本人が行うことが少なくありませんが、法的に専門的な知識が要求される場面もあるため、疑問点については、弁護士に相談されることをお勧めします。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階