空貸し金融

空貸し金融とは、実際には融資を行っていないにもかかわらず、融資を行ったと主張し、お金の返還を執拗に請求する違法業者のことまたは貸金業者から債権を譲渡されていないにも関わらず、債権の譲渡を受けたり、吸収合併した等と主張して返済を要求する違法業者のことをいいます。

空貸し金融とは、実際には権利がないにもかからず、請求を行うため、架空請求の一種といえます。

空貸し金融業者は、多重債務者及び自己破産者、個人再生手続きを行った者の名簿などを入手し、その連絡先に対して無差別に大量に連絡を行う手口が多いようです。

空貸し金融業者から最初の連絡の段階で、無視又は毅然とした対応をとった場合には、業者は請求を諦め、その後問題になることは少ないようですが、最初に応じるような言動をとった場合には、その後、何度も執拗に連絡がくるようになり、対応が難しくなることが多いようです。

空貸金融は違法な手口であり、おかしいと思ったら速やかに警察または弁護士に相談して対応する必要があります。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階