管財事件

管財事件とは、自己破産手続きにおいて、破産の予納金を準備できる事案や、破産者にかけごと(パチンコ、競馬などのギャンブル)・浪費等の「免責不許可事由」や配当が見込まれる財産がある場合に、その免責不許可事由や財産の調査及び配当を行うために、裁判所から破産管財人が選任される事件のことをいいます。

破産法においては、破産手続きの原則的な類型とされています。個人破産の場合に通常の管財事件の手続を簡略化した「少額管財」という手続もあります。

その他、予納金が準備できない事案などは、破産手続きの開始と同時に、手続きが廃止される「同時廃止事件」があります。

管財事件か同時廃止事件かによって、手続きや期間、費用などが異なってくるため、破産申し立てを行うにあたって、その事件がいずれの類型にあたるものなのかについて、よく検討、調査を行うことが重要となります。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階