取引履歴

取引履歴とは、法令に基づき貸金業者(消費者金融、クレジットカード(信販)会社、銀行等)が顧客(借主)との取引(金銭消費貸借)の履歴を一覧にして保管しているもの。
主な内容は、貸付、返済の日時、金額、利率等が記載されています。

債務整理手続きにおいては、貸金業者との取引を利息制限法で引き直し計算を行うために必要な資料となります。貸金業者との取引が、違法な高金利(利息制限法の上限金利を上回る条件)でなされていた場合には、払いすぎたお金(過払い金)が発生している可能性が高いといえます。

かつては取引履歴の開示を拒絶していた貸金業者もありましたが、最高裁の判例により、開示義務が認められ、それ以後は保管している履歴について開示してくるようになりました。
取引履歴の開示の時期は、貸金業者によって差がありますが、おおむね1週間から1か月程度です。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階