期限の利益

期限の利益とは、貸金業者(銀行、クレジットカード(信販)会社、消費者金融など)との金銭消費貸借契約において、分割返済の契約をした場合、当初の契約どおりの返済をしていれば、各返済期日が到来するまで残額の返済をしなくてもよいことをいいます。

当初の契約どおりの返済を行わず、滞納等があった場合、期限の利益は喪失され、債権者である貸金業は借主に対して、一括請求及び通常の利息よりも高利の遅延損害金の請求を行うことができます。このような場合、もともと高利での利息の支払いを求められていとき以上の負担を強いられることになり、債務の整理は非常に困難な状況に陥ることが少なくありません。

したがって、各返済期日に大きく遅れてしまうような場合には、貸金業者から猶予の約束を取り付けるかまたは返済が困難な場合には、生活の再建のため、専門家である弁護士に相談して対応を検討することが重要となります。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階